さじ加減

Cats

日向ぼっこをしている猫というのは、とてもいい匂いがします。
干した布団のような、日向の匂い。
野良猫はどうなんだろうか?と思うのだけれど、なかなか匂ってみるチャンスには恵まれません。ま、嗅げと言われてもちょっと及び腰になってしまうかも・・・。

いつも不便さを感じていますが、カメラのオートフォーカスというのは、とても使いづらいです。カメラ任せにしておくと、変な前ピンになったり、後ピンになったり。
オートフォーカスの性能というのも、カメラを選ぶ重要なポイントなのかな?とたまに思うことがあります。デジタル以外はマニュアルで使っているんですけどね(笑)。

Chirari

耳の先のない猫というのもちょっと気になります。
手術して切られたのか、喧嘩でちぎれちゃったのか・・・。我が家の猫の耳を切りたいとは思わないけれど、結構好きなんです。耳切れ猫。

| | コメント (0)

黒猫天国

Mcycle01_1

靱公園周辺、そして京町堀界隈というのは歩いてみるとわかるのですが、本当に黒猫の多い場所です。
カフェやダイナーのある辺りの草むらには、昼は黒猫が固まって居眠りをしています(ほんと!大げさでなく)。
ほとんどが野良猫のようですが、時々、首輪をしたのにも出会います。どうしてこんなにも黒猫率が高いのか不思議になるほど。

時々人馴れしたのもいるものの、近づくと逃げてしまうのばかりなのは、唯一残念ポイント。でも、黒猫好きは訪れてみる価値ありですよ!

| | コメント (0)

公園の猫

以前から通っていて成長を見ていた職場近くの公園猫ですが、昨年生まれた子供が今ではお母さんになっているという、あまり良くないパターンになってきています。
見るたびにちょいちょい食べ物を投げている私が言うことではないのですけれど。

今回は黒猫だけでなくトラ猫もいて、特にその中の1匹がまるで成長できていません。
1ヶ月ほど前に見たときは、ひどく目がただれていて、様子を見たかったのだけれどビクビクしてまるで近寄ることができませんでした。
暫く姿を見なかったので、残念だけれど、死んでしまったんだろうな・・・と思っていたら、今週の初め頃からまた顔を出すようになり、ホッとしたものの、前よりもひどくなっていた目に愕然。

もしかしたら今だったら助けられるかもしれない?と思い座り込んで顔を覗くと、黒目が白く浮き上がり、その下に澄んだ目があるとは思えない状態です。目の前で指を振ってみても、見えないのかまるで反応はなし。

散々考えて、首根っこをつかんで連れて行こうかと思い手を伸ばしつつ、結局諦めて帰ってきました。
この猫を連れて病院通いをしたり、家の2匹の猫から隔離し朝晩薬をやり、3匹に増えるかもしれない猫の健康状態を見守るなんて、とても今の私には出来ないと思うのです。
それでなくとも、2年前に白いのを拾ってきた時、黒いのは風邪をうつされ熱を出し、目やにやくしゃみ鼻水で苦しんだものでした。
今回はすこぶる健康状態の悪い仔猫で、ずっと野良猫だったので、どんな病気を持っているかわかりません。

ごめんなさい。非常に動物愛護精神に反すると思うのですが・・・・・、私にはこの仔猫は救えません。常に我が家の猫の幸せばかりを考えているのです。。。

Tora2

| | コメント (0)

あくび

Yawn

猫は本当によくあくびをする動物です。
大きな口を、裂けそうなほどに開け、見た目に豪快かつ爽快(?)。
1日の大半を寝て過ごしていると言うのに、まだあくびをするとは、なんとも呑気で羨ましい生活をしているように見えます。

Yawn3_1

私がカメラを持ったほんの10分ほどの間に、大きなあくびを何度もしていました。
昼下がりのおネムな時間でしたから、仕方ない、仕方ない・・・。

Yawn2

| | コメント (4)

困った猫

Meditation

最近猫で困っています。

何かというと、誰も見ていない時に、ひいてあるマットというマットにおしっこをするのです。
まずはバスマットから始まり、次は玄関マット、そして最後はキッチンマットです。
バスマットは今も続いていて、誰かがお風呂を上がるたびに上に上げておかないと、ちょっと目を放した隙にちゃちゃっとおしっこを済ましてしまいます。

猫を飼っている人はご存知だと思いますが、その臭いの臭いこと臭いこと・・・。
バスマットはされる度に毎回必ず2度洗いで、最後にリネンウォーターもドボドボと入れて匂い付けをしているほどです。

キッチンマットは最後の最後まで気づかず、いくら片付けても「どこかに」臭いが残っていたので、あちこちを嗅ぎまわってやっと見つけた所でした。(まさかこんな所には・・・と思っていたため、不思議と気がつきませんでした。)
どこかからか臭うあの不快感・・・。床も薄めた木酢で拭き回り、やっとすっきりしました。

いい加減に止めさせたいのですが、現場をおさえる事ができず、いつも後の祭りになっています。一度ついた悪いクセはなかなか直すことができないのでしょうか。
毎日、「臭っているかも知れない・・・」とビクビクと暮らしています。

そんな思いをしていても、“猫にマットにおしっこをしないでもらおう”と思わせるなんて、ホントに猫は王様ですね(笑)

| | コメント (2)

ムジダマ

Brush

黒猫と暮らし始めて6年ほど経った頃、我が家に真っ白な猫がやって来ました。
夏に家に来て、問題が起こったのは翌年の春・・・毛が抜けて抜けて困ったのです。

黒猫だけの頃はさほど気にならなかったのですが、普段から黒めな服を着ることが多いので、とにかく、白い毛は服についているのが目立つのです。
今年もまたそんな季節がやってきました・・・
今の時期は、ブラッシングをすると2~3センチのボールが毎回一個できるくらいの抜け具合です。
猫は短毛種なので特にこれでないとダメ、というブラシはありませんが、毛を集めるのには主にラバーブラシを使っています。

あとは意外にも良かったのが、人間用の毛足の短い獣毛ブラシ。
私の髪にはどーも合わずお蔵入りしていたのを、今は猫用に使用しています。
さすがに人間が持って髪をとかすように出来ているので持ちやすく、抜け毛もザクザク取れるので、も1つ大きなサイズがあってもいいかもなぁ、、、と思う使いやすさです。

だけど絶対に、同じブランドの大きなサイズのブラシなんて、猫のためには買いません(笑)。

| | コメント (0)

ぺろりん隊

Tongues

いつも会いに行っている野良猫に、すっかり顔を覚えてもらいました。
私も尻尾の形とか、ちょっと違う顔とかで、兄弟(姉妹?)の見分けが付くようになってきました。だというのに、未だ触れず・・・。
きっと、野良猫とは、ずーっとずーっと距離をおいたお付き合いを続けていくのです。

ただ、私が食べるものを持っていかなくなったら、この関係が終わりになることは目に見えています。なんとも薄いお付き合い。寂しいものです。

生まれついての野良猫なので、人間にはかなり警戒心を持っているよう。
連れて帰ろうと思ったら、大きな網でも持って捕獲しないと無理そうです。


人間に飼われるのが幸せなのか、一生野良猫で生きていくのが幸せなのか・・・多分、猫自身がそんなことを考えることはないのでしょうね。

| | コメント (0)

今日の猫

Tail_1

相変わらず猫を見に公園へ行っています。
4匹の子供たちも、親と大差が無いくらいに大きくなりました。

猫が間に入っているだけで、知らない人との会話もスムーズです。今日は隣に座った年配の男性に、(故郷であるらしい)港町の猫の話を伺いました。

猫たちは大分馴れはしたもののそこは野良なので、さすがに触らせてくれるまでには馴れません。ご飯を期待して待ちつつも、逃げ腰で、少し距離をおいたお付き合いを続けています(笑)。

Feedus

猫が住む場所のすぐ横にある会社の人達、前々からご飯をあげているのを見ていましたが、最近はちゃんと猫用に食事を準備しているよう。
写真では分かりづらいですが、この女性、かなり笑顔です。
ここに居るのは子供たちだけで、下に3匹、窓の横に1匹。母猫とべったりな姿はあまり見ることがなくなりました。

Mama0224

一人ぽつんといる母猫を、寂しそう・・と感じてしまうのは、人間の勝手な想像?
案外本人は楽になっているかも知れないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャットカフェ

Sofa

昨日、仕事が休みだったので、以前から気になっていた「猫の時間」というキャットカフェに行ってみました。
平日の午前中(~お昼をまたぎましたが)ということもあり、私が着いた時には年配のご夫婦が一組だけで、ほぼ貸切状態でしたが、休日は待ち時間があったりの大盛況だそうです。

1時間630円のチャージがかかり、1ドリンクつきなら1000円。延長料金は30分ごとに310円です。
これが、猫嫌いな人には理解できない料金だそうですが(笑)

おやつを持っているとかなり人気者になれるようですが、そうでなくても、膝に乗ってくる猫あり、ニオイを嗅ぎにくる猫あり・・・猫好きにはかなり幸せな時間が過ごせます。

猫が恋しい人、過剰に猫にまみれたい人は是非。
私はリピート決定です(笑)。

Long Shishi
Middle_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

公園猫 その後のその後

相変わらず、公園に猫を見に行ったりしています。

けれど、このところ寄る暇がなく、今日のお昼休みに久しぶりに会いに行って来ました。
家からウナギなどを持ってくる人は、年末からぱったりと来なくなり、以前ちょこちょこと話していたメンバーは解散気味です。
最近のように毎日寒いと、やっぱり社内でぬくぬくしていたくなりますよね。来なくなる気持ちもわからないでもないです。

さて、最近の仔猫たちですが、少しだけ変化が出てきました。
私の顔を覚えていてくれているのか、親が寄ってくるのと同時くらいに、4匹の仔猫のうち1匹が一緒にそばに走ってくるのです。
もちろん、及び腰ではありますが、食べるものを見せなくても、かなり近くまで来てくれます。
01111 01112

いつも近くにヤクルトさんたちがたむろっているのですが、そちらには目もくれないところを見ると、ちゃんと、人は選んでいるようです(笑)。
01113野良猫に餌をやることには、私はあまり賛成ではありません。ただ、そこは自分勝手なもので、気に入った猫にはついつい、何かあげたくなってしまうのです。覚えられたら嬉しくて、懐かれたらもっと嬉しくて・・・。

最近は、親の子離れのような風景が少し見られるようになってきました。生後約3ヶ月ほどですが、そろそろ仔猫たちも親離れをしなければならない時期が近づいてきたのでしょうか。

みんな揃っている姿が見られるのも、あとちょっとなのかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧