梅が来た

Plumbox本日、待ちに待った梅が和歌山に住む義母から届きました。
毎年田辺の梅農家から直で送ってもらい、実は自分で買ったことがありません。お店で見ると、同じクラスのものがなかなかのお値段で売っていて、毎年ありがたくいただいています。
昨年はよそのお宅の分も梅干を作ったので、15キロ頼みましたが、今年は特にその用もないので10キロで。梅干7キロ、梅酒3キロの予定です。


さてそこで、ここに来ている人たちには特に必要もないと思うのですが、簡単な梅干(白干)の作り方など。

梅をよく洗う。(青梅は一晩水に漬けておいたほうが良いようです。)
塩は梅の18%から20%、減塩にしようとして塩を減らすとカビが出やすいようなので、なるべくこの範囲の分量で。
洗った梅はザルに上げ、軽く水気を切る。梅を漬ける容器に濡れたままの梅と塩を交互に入れていく。(塩は最後に余るように、最初から取り分けておくと良いです。)
残りの塩を全て上にかけ容器に蓋をして、漬けるまではここでおしまい。重石はあってもなくても大丈夫ですが、あった方が梅酢が上がりやすくカビの心配も半減します。
毎日梅の様子を見て梅酢を回すのを忘れずに!
約1ヵ月後、天気のいい日に3日3晩天日干しをして出来上がり。あとはきれいな容器にしまって保存します。

注意する点は、容器や触る手・腕はもちろんアルコールで消毒しておくこと。それと、梅は洗った後水のついたままで塩に漬けること。水分が残っていることにより塩が梅にまんべんなく付き、結果梅酢の上がりが良くなります。

かなり簡単に作っているようで、慣れてしまえばこの作業も本当に簡単です。
天日干しの日数も結構いい加減。天気と梅の様子を見ながら3日以上干すこともあります。
色々な本やサイトを見ていると、「梅は洗って拭いて、アルコールで消毒すること!」と書いてあるところを多く見かけます。
私のやり方は、義母の家の近くの梅干業者さんに教わった作り方で、これも決して間違いではなく、むしろ失敗が少ないんだそうです。何より、自分にあったやり方で、楽しく作れるのが続くコツだと思っています。

梅を漬けたら(まだですが^^;)、後は梅酒です。これがまた楽しみ♪
焼酎と、やっぱりブランデー・・・と思っていましたが、お店では見ないジンにしようと決め、今ベストなものを探しているところです。
好きなジンはそのまま飲んだほうがいいので、梅酒にして美味しいの・・・というとあまりクセのないものでしょうかね?

Washnsoak

| | コメント (3)

神戸花鳥園

Standard

冬の最中にスイレンが見られるとなると、遠出をしてでも見に行きたくなってしまうというのが、スイレン愛好家。草津の水生植物園より近くに温室のある施設がオープンしたので、早速行ってきました。神戸花鳥園です。

園の名前にあるとおり、花と鳥のテーマパーク。植物園ではないので、花の種類は少ないけれど、全て屋根つきの施設で駅を降りてすぐなので、雨の日でもゆっくり中を楽しめそうです。

中では多数のフクロウが飼育されており、1日2回くらいのようですが、飛行調教という催しも見られます。
Fly1 Fly2 Fly3 Flyland
調教師の方が餌を見せると腕に飛んでくるというだけなのですが、フクロウの飛んでいる姿を見ることはそうそうないことなので、思ったよりも楽しかったです。
フクロウの鳴き声、「ホウホウ」というのは、実は警戒音なんですよ・・・などという、係りの人の話しに、見ている人たちが「ホウホウ・・」と(笑)
ところどころにフクロウ豆知識が入った和やかなショーです。
ちなみにこの日出演のミミズクのサクラちゃん、気が散っていたのか気乗りがしなかったのかで、時間内で2回だけしか飛んでくれませんでした。もっと頑張る日もあるようなのですが。

Watchpen Eyelash Owls

屋外の鳥にペンギン、屋内の鳥を間近に見られるコーナーでは、小さなフクロウ、鳥籠の中でしたが、大きなサイチョウの長い睫毛にくぎづけになってしまいました。

Watchme Table

思っていたよりも小さな施設でしたが、普段見ることのできない鳥たちの数々に、充分中を楽しむことができました。
スイレンプールは期待が大きすぎたのか、聞いてはいたけれどちょっと残念・・・。でも、この季節にきちんと手入れをされたスイレンを見て、今年の夏はちゃんと世話をしよう・・・・と思ったのでした。

途中、園の情報や、お気遣いのメールをいただいた方々、、、本当にありがとうございました。なのに、お返事してなくてスミマセンです<(_ _)><(_ _)>
一人だけでしたが、園内に4時間ほど粘り中を徘徊していました。唯一の残念点はヒールのある靴を履いていったこと。スイレンのプールの位置がかなり低く、写真を撮るのにかなり動きづらかったのが大変でした(笑)。

Pool

場所もそんなに遠くないことだし、神戸へ行ったついでにまた行こうかな・・・。

| | コメント (0)

ピチクリ

Ribbon何かを作ろうと思った時に実感するのですが、子供の頃よりもかなり創造力が衰えてきています。


物を創るということに臆しているというのか、下手なものはあまり人には見せたくないという邪心(?)があるためか、昔のように思ったままの「創作ができない」「絵が描けない」ということになっている気がします。

上達があるからこそ、創作は楽しく、失敗があるから次にそれが生きる。
と、頭では思っていても、自分に対してはなかなか・・・。

Neripro そんな大人になってから、はんこ彫りは自分の作業の上達を順を追って見ることが出来る、とても楽しい創作のひとつでした。

師匠が良いことも続く要因でしょうか(笑)
各地で人気者なのもうなずけます。

1年続きましたが全然飽きず、どんどん楽しくなってきつつあります。
昨年4月からずっと通い親しんだ中崎町ピチクリは今月で最後ですが、来月から堀江のアトリエに教室を移します。

集まる人たちの面白いこともあり、まだまだ楽しい楽しいばっかりで続けることができそうです。

| | コメント (11)

駅と電車と

Tabacco

先週末は、電車に乗って広島の福山市という所まで行ってきました。
初めて行く場所というのは、何もかも面白いことだらけです。

Umeda Yodogawa

家から出発をはしょってしまいましたが・・・新大阪へ大阪駅を出発。
前方に大きく見えるのは、ヨドバシカメラ。
新大阪へは淀川を越えて行きます。

Nozomi

新大阪から、行きはのぞみで・・・

Fukuen

目的地まではこんな電車に乗って行きました。府中と書いてありますが、もちろん競馬場近くには行きません(笑)。

Platform Railway_1

着いた所は、とても懐かしさの漂う、田舎の駅でした。

Signal

さて、帰りは同じ電車に乗って福山駅へ。
2番線に電車が入っているため、1番線に来る電車が信号待ちしています。

Hikari

そして、帰りはひかりに乗って、一路大阪へ。
レイルスターというのは、普通よりもちょっと車両数が少ないとか聞きましたが・・・?

Lasttrain

当日最後に乗った、家へ向かう電車、もうすぐ家でゆっくりできると思うとホッとします。

普段から、家と仕事場くらいしか往復しない毎日。
たまの遠出で、天気のいい休日に、電車に乗って知らない場所を見るのもとても楽しいものでした。

さて、今度いつになるかわからないけど、次はどこへ行けるのかな・・・。

| | コメント (0)

Winner?

Unplaza

米時間3月5日夕方5時より、第78回アカデミー賞授賞式が行われます。

昨年秋、アメリカ、カナダで公開された“capote”も、主演男優賞、作品賞など数部門でノミネートされていて、現在は非常に注目の高い作品なのではないでしょうか。

日本公開は秋頃?と聞いていますが、現地でも「若い観客が少なかった・・」と言われていたこの作品、オスカーを取る事によって、少しでも観やすい環境(場所や公開期間などなど)で観ることができるようになれば、とても嬉しいことだと思っています。

毎年授賞式が終わって、ニュースなどで取り上げられるようになってから、「ふ~ん」くらいにしか興味のなかったオスカー。
今年は1作品のみで、とても楽しみな式典となりました。


ところで、今回のオスカーのポスターは、歴代のそれと比べてもとても素敵です。
今までのって、USJ内とかに貼ってありそうな勢いがあるのですが、今回のはポスターの説明にもあるとおり、「エレガント」です(ややアメリカ風味ですけどね)。



第78回アカデミー賞公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カメラホリック

Lx_1カメラが好きです!

写真を撮ることよりも、カメラが好きなのかな?と思うこともありますが・・・。

ファインダーをのぞく期待、フィルムを巻き上げる重さ、シャッターを切る心地よさ、ボケ具合の想像。。。。もちろん、写真が出来上がるのが一番の楽しみですが、写すまでのこういった一連の作業が同じくらい楽しかったりします。

ガッカリ・ギョッとする写真を山ほど撮ってきましたが、年々「ま、いいかな?」と思えるものも増えてきました。フィルムは断然、リバーサル。スクリーンに映すと、どうして自分の写真でも素晴らしく見えてしまうのか、、、、その記憶を他人に見てもらいたいほどです。

デジタル全盛の昨今ですが、やっぱり銀塩はやめられません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最新の作りモノ

来年は戌年ということで、犬のはんこを作りました。
石の名前は忘れましたが・・・サイズは3㌢×3㌢の多きめなヤツ。

Stone

犬を題材にするというのも、案外難しいもんで(笑)
考えた末、大好きなニッパー君で作成しました。
かんでいるのは「犬」ってだけで。

Nipper

はんこ作ったはいいけど、年賀ハガキまだ買ってないや・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)