« 目を覚まそう | トップページ | そして死蔵のカメラ »

またもやカメラ

K100d

昨年末、念願のデジタル一眼レフカメラを購入したのは、我ながら記憶に新しいのですが、先日、やや悩んだ末潔く買い換えることにしました。
もちろん、メーカーは今までと一緒のペンタックス。機種名はK100D、どこかターニングポイントを感じさせる名前です(笑)。

全体的な印象と大きさは、今までの*ist と特に大きく変わった感じはありません。画素数も現行のものと変わらずです。差は何かというと、手ぶれ補正の機能が加わったことかな?今までのペンタックスのレンズ(他のKマウントレンズ)でもこの機能が有効になるのですから、とても嬉しいことです。
まだ家の中で猫くらいしか撮っていないのですが、薄暗い場所で、心持ちいい加減なホールディングでもまったくブレることがありませんでした。
昨年は、手ぶれ補正なんて要らない。とか言っていましたが、使ってみたら良かったです。前言撤回ですね。

秋から冬には、ペンタックスのデジイチのフラッグシップ機(K1D?)が出るとか出ないとか、ですが、1000万画素にもなられると、PCの機能も上げていかないとちょっと辛いものがあるし、きっとプリンタも買い換えたくなる。
それよりも今まで600万画素のデジカメを使ってきて、全く画像に関しては不自由を感じなかったし、4Mくらいがホドホドでメモリ的にも扱いやすかったのが一番の理由かな。

この機種に関しては、開発者のインタビューがなかなか面白く、興味深く読みました。

http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0607/18/news052.html

使うカメラが若干良くなったところで、特に撮るものに変わりはなく・・・結局何使っても一緒なんですけどねー、ホントに、こういったモノって自己満足ですよね。

Muchan

|

« 目を覚まそう | トップページ | そして死蔵のカメラ »

写真・カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 目を覚まそう | トップページ | そして死蔵のカメラ »