« 写真で遊ぼう | トップページ | 有給休暇の過ごし方 »

ウマウマ・・・

私はあまり、餡子系の菓子が好きではありません。
どうしてもイヤーー、と言っていたものでは、月餅、きんつば、あんまんとか、なんか似た系統。

そんな私を変えたのが、「出入橋きんつばや」のきんつば。随分前に頂き物で渋々食べたところ、その美味しさにビックリ。特に美味しいのが焼きたて。あんこはなぁ・・・と言う私でさえ、ここの暖かいきんつばは続けて3つは絶対に食べられるほどです。
お昼に通りかかると出来立てのお餅とかも売っています。甘党なら行って損はない。いや、是非行くべきお店です。


で、あんこと言えばお饅頭。
おまんじゅうも私はほとんど食べることがないのですが、そのたたずまいがなんとも言えず好きです。
小さなおまんじゅうが箱に並んでいるその可愛らしさ・・・。食べなくても眺めているだけで幸せになるほどです(大げさですが・笑)。

きっと、そんな私のような人が沢山いるんだろうなぁ、と思わせるのがこんな本。

なごみのまんじゅう手帖 なごみのまんじゅう手帖

著者:佐々木 ルリ子,菅原 すみこ
販売元:河出書房新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


私的には、昔出ていた寿司ネタの写真集に続くヒットです。

日本各地の可愛らしい、美味しそうな、面白いおまんじゅうがいっぱい載っています。
他にはあんこの作り方、まんじゅうにちなんだグッズや、もちろん、おまんじゅうの作り方なども・・・。

ちびちび読んでも、じっくり読んでもほんわかしてくる幸せな本です。お薦めです。

|

« 写真で遊ぼう | トップページ | 有給休暇の過ごし方 »

本・文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 写真で遊ぼう | トップページ | 有給休暇の過ごし方 »