« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

困った猫

Meditation

最近猫で困っています。

何かというと、誰も見ていない時に、ひいてあるマットというマットにおしっこをするのです。
まずはバスマットから始まり、次は玄関マット、そして最後はキッチンマットです。
バスマットは今も続いていて、誰かがお風呂を上がるたびに上に上げておかないと、ちょっと目を放した隙にちゃちゃっとおしっこを済ましてしまいます。

猫を飼っている人はご存知だと思いますが、その臭いの臭いこと臭いこと・・・。
バスマットはされる度に毎回必ず2度洗いで、最後にリネンウォーターもドボドボと入れて匂い付けをしているほどです。

キッチンマットは最後の最後まで気づかず、いくら片付けても「どこかに」臭いが残っていたので、あちこちを嗅ぎまわってやっと見つけた所でした。(まさかこんな所には・・・と思っていたため、不思議と気がつきませんでした。)
どこかからか臭うあの不快感・・・。床も薄めた木酢で拭き回り、やっとすっきりしました。

いい加減に止めさせたいのですが、現場をおさえる事ができず、いつも後の祭りになっています。一度ついた悪いクセはなかなか直すことができないのでしょうか。
毎日、「臭っているかも知れない・・・」とビクビクと暮らしています。

そんな思いをしていても、“猫にマットにおしっこをしないでもらおう”と思わせるなんて、ホントに猫は王様ですね(笑)

| | コメント (2)

今更何を

タイトル通り、今更何を言っている・・・と言われそうですが。

10日程前にスイートバジルの芯を摘んで、あまりに中途半端な量なので使う気にならず時々水の交換をしながら軽量カップの中にさしていました。

ふと昨晩、水を替えようかと出してみたら、なんと根が出ているじゃないですか。

Basilroot_1

増やすのは簡単、と聞いていたけれど、ほんとにこんなに簡単とは。
せっかくなので、土に植えつけちゃいました。半端で足りないからって、捨てないでよかった(笑)

Basilbed

さてさて、いっぱい収穫できたらバジルペーストくらい作れるかな?
(捕らぬ狸のなんとやら、ですね。)
バジル酒とかも結構いいらしい。
まだちゃんと育つかどうかわからないのに、気持ちはすっかり大収穫です(笑)

| | コメント (2)

虫もいろいろ

Tomato 本来、虫にいい虫も悪い虫もないのですが、どうしても自分の育てている植物を荒らすのを「悪い虫」、見た目の可愛いもの(?)や害虫を捕食してくれるのを「いい虫」と見てしまいます。

園芸をしていて、その悪い虫の代表格はやっぱりアブラムシでしょうか?
どこからともなく飛んできたり、蟻に運ばれたりして、繁殖期は次々卵でなく子供を産むので、駆除をさぼっているとあっという間に花の茎や蕾がアブラムシだらけになってしまいます。

普段は枝などからゴッソリ取って、睡蓮鉢の中のメダカにやってしまうのですが、たまりかねて薬を散布することもあります。
私は無農薬派ではなく、できれば綺麗な状態で育て上げたいので、薬を使いたくてウズウズしているくらいなのですが、そんな所に出てくるのがこういった虫たち。

Spider Watch

全体に薬を撒いてしまったら、こんな虫たちも駆除、もしくは餌を奪ってしてしまうのかな?と思うと農薬散布は極力控えたいと思いますね。

そこで去年からかなり感心のある、「NEW碧露」という商品。これと木酢を混ぜたものは害虫に対して(多分、小さいもの)かなりの効果があるんだとかで、沢山、バラを無農薬で育てているサイトでも取り上げられています。これはなかなか良さそう・・・。
今年中にはお試ししたいと思っている一品なのです。

スイレンばっかりの頃は、特に害虫対策も必要なく、メダカのいない鉢にボウフラが湧くとベニカエースをシューシューしていたくらいでした。
株分けと水鉢の重いのさえ辛くなければ、やっぱりスイレンはいい植物だなぁ、と思うのです(笑

| | コメント (0)

梅が来た

Plumbox本日、待ちに待った梅が和歌山に住む義母から届きました。
毎年田辺の梅農家から直で送ってもらい、実は自分で買ったことがありません。お店で見ると、同じクラスのものがなかなかのお値段で売っていて、毎年ありがたくいただいています。
昨年はよそのお宅の分も梅干を作ったので、15キロ頼みましたが、今年は特にその用もないので10キロで。梅干7キロ、梅酒3キロの予定です。


さてそこで、ここに来ている人たちには特に必要もないと思うのですが、簡単な梅干(白干)の作り方など。

梅をよく洗う。(青梅は一晩水に漬けておいたほうが良いようです。)
塩は梅の18%から20%、減塩にしようとして塩を減らすとカビが出やすいようなので、なるべくこの範囲の分量で。
洗った梅はザルに上げ、軽く水気を切る。梅を漬ける容器に濡れたままの梅と塩を交互に入れていく。(塩は最後に余るように、最初から取り分けておくと良いです。)
残りの塩を全て上にかけ容器に蓋をして、漬けるまではここでおしまい。重石はあってもなくても大丈夫ですが、あった方が梅酢が上がりやすくカビの心配も半減します。
毎日梅の様子を見て梅酢を回すのを忘れずに!
約1ヵ月後、天気のいい日に3日3晩天日干しをして出来上がり。あとはきれいな容器にしまって保存します。

注意する点は、容器や触る手・腕はもちろんアルコールで消毒しておくこと。それと、梅は洗った後水のついたままで塩に漬けること。水分が残っていることにより塩が梅にまんべんなく付き、結果梅酢の上がりが良くなります。

かなり簡単に作っているようで、慣れてしまえばこの作業も本当に簡単です。
天日干しの日数も結構いい加減。天気と梅の様子を見ながら3日以上干すこともあります。
色々な本やサイトを見ていると、「梅は洗って拭いて、アルコールで消毒すること!」と書いてあるところを多く見かけます。
私のやり方は、義母の家の近くの梅干業者さんに教わった作り方で、これも決して間違いではなく、むしろ失敗が少ないんだそうです。何より、自分にあったやり方で、楽しく作れるのが続くコツだと思っています。

梅を漬けたら(まだですが^^;)、後は梅酒です。これがまた楽しみ♪
焼酎と、やっぱりブランデー・・・と思っていましたが、お店では見ないジンにしようと決め、今ベストなものを探しているところです。
好きなジンはそのまま飲んだほうがいいので、梅酒にして美味しいの・・・というとあまりクセのないものでしょうかね?

Washnsoak

| | コメント (32)

有給休暇の過ごし方

Raindrop_1先日の木曜日、GWぶりに久々に有給をとって遊びに行く「予定」でした。
予報どおりの生憎の雨降りで、声を掛けた方々はことごとく脱落。1人でも遊びには行こうかと思っていたのですが、出かける途中ご近所さんに捕まり、年中行事の事やらご近所の事やらを話し込んでいたらスッカリお出掛け気分も萎え萎えに・・・。
結局は定期券のある範囲で買い物をしただけに終わってしまいました。

久しぶりに当てもなくショッピングをするというのも楽しいもので、服屋さん、本屋さん、雑貨屋さんと色々まわり、時間が経つのも忘れるほどでした。

まず行ったのがショッピングモールなどによくある、SHOP IN。髪がさらさらになるという電動ブラシを試したり(効果わからず。ブラシ部分が細いだけなので通りがいいと勘違いするのでは?!くらいな感想)、化粧品を試していたら欲しくなり(帰りはフルメイク・笑)、つい色々と買ってしまったり。
ちゃんと使うのか?と我ながら思うのですが。

今年こそつば広の帽子を!と思っていっぱい試着してみましたが、これだ!という決定打がなく、今回も見送り。去年も一昨年も見送っていたから、もしかするとずっと買わないかも知れないです(汗)。第一、つばの広いのって会社にかぶっていくのには相応しくないんですよね。ウィークデイのほとんどに使えないとなると、なんかもったいないとか思ってしまう貧乏性です・・・。

服屋さんでは、「絶対に買わないけど~」と思うスカートを試着したりとかしていました。ロングで、白でふわふわの上品なスカートで、これは履けそう~~とちょっとフラっとしたけれども、鏡に映った自分のプロファイルに愕然。私は立ち姿は横重視なので、とにかく薄い薄い体が好みなのです。わかっていはいたけれど、あらためて他所の鏡で眺めるとかなり厚みが出ていて、これを機に随分と食欲減退なここ何日かです(笑)。

そして、いつ見ても「いいな」と思うのが、“Abercrombie&Fitch”。細くて長いラインで、絶対に誰が着てもカッコよく決まる服。メンズはいまいちわからないのですが、人気があるのにはかなり納得なブランドです。今回は買わず、ですけどね~。

Queue

1日ブラブラして、収穫は、ローヒールのミュールとショート丈のカーディガン。日傘と除虫菊の蚊取り線香、そして化粧品色々。
帰り際にお気に入りの“COCUE”を覗き、スカートにクラッときてましたが、これも買わず。年齢と好みに段々と平行線が感じられなくなり、迷いが出ている今日この頃。さすがにこれはムリだな(-"-;)、と思う服も以前より増えてきました。ここら辺に年齢を感じちゃいますね(涙)

しかし、今回は久しぶりに“意外と女子”なラインナップだったと思うんですが、いかがなもんでしょう?(笑)

| | コメント (0)

ウマウマ・・・

私はあまり、餡子系の菓子が好きではありません。
どうしてもイヤーー、と言っていたものでは、月餅、きんつば、あんまんとか、なんか似た系統。

そんな私を変えたのが、「出入橋きんつばや」のきんつば。随分前に頂き物で渋々食べたところ、その美味しさにビックリ。特に美味しいのが焼きたて。あんこはなぁ・・・と言う私でさえ、ここの暖かいきんつばは続けて3つは絶対に食べられるほどです。
お昼に通りかかると出来立てのお餅とかも売っています。甘党なら行って損はない。いや、是非行くべきお店です。


で、あんこと言えばお饅頭。
おまんじゅうも私はほとんど食べることがないのですが、そのたたずまいがなんとも言えず好きです。
小さなおまんじゅうが箱に並んでいるその可愛らしさ・・・。食べなくても眺めているだけで幸せになるほどです(大げさですが・笑)。

きっと、そんな私のような人が沢山いるんだろうなぁ、と思わせるのがこんな本。

なごみのまんじゅう手帖 なごみのまんじゅう手帖

著者:佐々木 ルリ子,菅原 すみこ
販売元:河出書房新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


私的には、昔出ていた寿司ネタの写真集に続くヒットです。

日本各地の可愛らしい、美味しそうな、面白いおまんじゅうがいっぱい載っています。
他にはあんこの作り方、まんじゅうにちなんだグッズや、もちろん、おまんじゅうの作り方なども・・・。

ちびちび読んでも、じっくり読んでもほんわかしてくる幸せな本です。お薦めです。

| | コメント (0)

写真で遊ぼう

Podgypunch 今日カメラ日和という雑誌のHPを見ていたら、こんな写真の型抜きソフトがあったのを見つけ、早速DLしてみました。解凍したらこのアイコンの上に写真をドロップするだけの簡単さ。Photoshop等を使う手間も要らないけれど、自分で切り取る位置も選べません。写真によってはこんな風に見えない部分(左側)ができてしまうので、綺麗に作りたければやっぱり先に加工しておいた方がいいかも。
なかなか楽な作業というのはないものですね。

普段大した画像加工はしないのですが、フリーソフトで愛用しているのが、Pentacomというサイトにある、Photoshopのフィルタプラグイン。

Podgydot Podgyround

左側のように画像にドットを入れてみたり、特にどう役に立っているかわからないけれど、カドを丸くしてみたり・・・。
中でも一番多用しているのが、“Toy Camera”フィルタ。LOMO LC-Aなど、トイカメラで撮ったような四隅が暗くなる、トンネルエフェクト&ボケが簡単に作れます。

Redrose1Redrose2

このフィルタを使い出してから、LOMOで撮る必要性を感じないのですよね(←怠け者)。最近はこっちで調整してばかりです。範囲や影の暗さも調整できるので、とても便利なのです(笑)。

Toripunch_1
こんなことばっかりしているから、益々PCの前から離れられなくなってしまうのでした。

| | コメント (2)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »