« 飽きません | トップページ | 黒とか白とか »

The Tiny Terror

先日、頼んだのも忘れるほど前にAmazonに注文したDVDが届きました。

Biography: Truman Capote”という、1997年に製作されたドキュメンタリー番組のDVD版です。どの伝記にも見られるように、TCの出生から晩年まで、友人や作家達のインタビュー、そして生前の写真や映像でまとめられています。

印象は、ジョージ・プリンプトン著の伝記のよう。
まあ、どちらかというと、このプリンプトンの聞き書き「オーラル・バイオグラフィー」という分野がTV的なのかも知れませんが・・・。
1時間もないプログラムなので、あくまでもインデックス的な表面部分ばかりですが、美化するでもなく(昔の「知ってるつもり?!」みたいに)、こきおろすでもなく、うまくまとめられていたように思います。

15歳のとき、初めて「遠い声 遠い部屋」を読んでから、Tは私の“アイドル”でした。
それは今も変わらず、Tについての記述があるものには、ついつい手を出してしまうほど。「スポーティ」という言葉にも反応してしまいます(笑)。
今回のこのDVDは動く本物のTが見られる嬉しさから、届いてからもう既に5~6回は回しています。
残念なのは私の英語力の低下で、ナレーション部分はまだしも、肝心のインタビューの部分が半分(それ以下かも・・・)くらいしか聞き取れないこと。
伝記とか読んでなきゃー、理解不能な部分ほとんどなんだろうなぁ、と眉をひそめてしまうのでした(涙)。



カポーティをご存知ない方、ちょっと興味のある方にお薦め本をいくつか。。。

誕生日の子どもたち
夜の樹
ローカルカラー:観察記録
伝記では・・・ジョージ・プリンプトン著の
トルーマン・カポーティ
が、かなり読みやすく興味深いです。

春の花粉症のお供にいかがでしょうか?(笑)

Unp
 

|

« 飽きません | トップページ | 黒とか白とか »

本・文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飽きません | トップページ | 黒とか白とか »