« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

ショートホリデイ

Ent 昨日から急に気温が下がり、寒さが戻ってきました。こうも暑くなったり寒くなったりだと、着ていくものに困ります。


子供たちは冬休みのため、白浜の祖母の家に行きました。暫らくのんびりした日が過ごせるかと思うと嬉しいです。
昨日は早速、帰りはカメラ屋へ寄り色々物色。
話を聞くだけ聞いて、結局何も買いませんでしたが。


それと、神戸について調べることがあり、久々に神戸花鳥園のHPを見ると、なんと、もうオープンしていたじゃあないですか!
気分はもう、「土曜日は花鳥園へ!」

別に一人でも全然平気なのですが、もし、興味のある方いらっしゃいましたら、お声掛けくださいませ(笑)。
鳥、花とたわむれに、神戸へいかがですか?

| | コメント (0)

黒とか白とか

Berorin

あちらを立てればこちらが立たず・・・

黒猫と白猫です。
並べて黒を撮ろうとすると白が弾け、白を撮ろうとすると黒が消え・・・。
背景を明るくすればもっとマシになるはず、と思いつつ、横着者なため未だ試さず。
一度くらい同等にはっきり撮ってみたいものです。



しつこいようですが、連日花粉症に泣いています。
買い物に行くにも、「マスク装着!行くぜッ!!」と気合を入れないと出掛けられません。これで薬を飲まなかったらどうなるんだろう・・・と薬を止めることなどできません。
きっと、シーズンが終わる頃には5キロほど体重減していることでしょう(嘘)。

今日鼻セレブの裏を読んでいたら、写真のうさぎの種類が「スーパーミニウサギ」と書いてあり、いつそんな種類が出来たんだろう?!と、元うさぎオーナーは激しく疑問を感じてしまったのでした。
ARBA(AMERICAN RABBIT BREEDERS ASSOCIATION)でmini や super mini で検索しても引っ掛からず、さらにナゾは深まるのでした。

Tatami

| | コメント (0)

The Tiny Terror

先日、頼んだのも忘れるほど前にAmazonに注文したDVDが届きました。

Biography: Truman Capote”という、1997年に製作されたドキュメンタリー番組のDVD版です。どの伝記にも見られるように、TCの出生から晩年まで、友人や作家達のインタビュー、そして生前の写真や映像でまとめられています。

印象は、ジョージ・プリンプトン著の伝記のよう。
まあ、どちらかというと、このプリンプトンの聞き書き「オーラル・バイオグラフィー」という分野がTV的なのかも知れませんが・・・。
1時間もないプログラムなので、あくまでもインデックス的な表面部分ばかりですが、美化するでもなく(昔の「知ってるつもり?!」みたいに)、こきおろすでもなく、うまくまとめられていたように思います。

15歳のとき、初めて「遠い声 遠い部屋」を読んでから、Tは私の“アイドル”でした。
それは今も変わらず、Tについての記述があるものには、ついつい手を出してしまうほど。「スポーティ」という言葉にも反応してしまいます(笑)。
今回のこのDVDは動く本物のTが見られる嬉しさから、届いてからもう既に5~6回は回しています。
残念なのは私の英語力の低下で、ナレーション部分はまだしも、肝心のインタビューの部分が半分(それ以下かも・・・)くらいしか聞き取れないこと。
伝記とか読んでなきゃー、理解不能な部分ほとんどなんだろうなぁ、と眉をひそめてしまうのでした(涙)。



カポーティをご存知ない方、ちょっと興味のある方にお薦め本をいくつか。。。

誕生日の子どもたち
夜の樹
ローカルカラー:観察記録
伝記では・・・ジョージ・プリンプトン著の
トルーマン・カポーティ
が、かなり読みやすく興味深いです。

春の花粉症のお供にいかがでしょうか?(笑)

Unp
 

| | コメント (0)

飽きません

Farthree

同じ猫、それも家で飼っているわけでない野良猫を見に行っていて、その話をする度に家で、「よー、飽きんなぁ」と呆れられます。
別にベタベタに馴れているわけでなく、甘えてくれるわけでもなく、猫を驚かせないようにあまり身動きをせず、不自由を感じながら見ているのです。
母猫がお腹が大きい頃からずっと見ていて約半年、成長する姿が楽しく、未だ飽きず猫たちを眺めに公園へ通っています。


みんなでホットペッパーでお店を探したり、ドラマの話やタレント、(大阪限定の)学生時代の話題で盛り上がったりが主なお昼の休憩室。
どうも合わないな。。。と気が付いてから外へ外へ。

時々私と同じような、見ず知らずの猫の人(笑)と話すこともあります。
馴染みのお店で最近の服や流行のラインの傾向を聞いたり、布や雑貨の話をしたりなど、、、
どうも、私はこっちの方が向いているなぁ、と最近実感しているのでした。

Nomeal Pole

右写真、右上に小さく見えるのが、普段座っている場所。この日は猫に何もやらないでおこう!と思ったため遠くに座りましたが、遠出して来てくれました。(もちろん、何かもらいに)

可愛いけど、餌がないときっとダメなんだなぁ(笑)。

| | コメント (4)

白とか黒とか

Bandw

最近、少しブログを書くことに行き詰っています。
内容は・・・特にテーマも中身もないけれど、いくらかの知人に宛てた近況報告をしています。という感じでずっとやっていて、多分これからもそんな路線で続けていくつもりなのですが、、、
何がどうだというと、どうにもここのブログのテンプレートのデザインが気に入らないのです。

もうちょっとなんとか、と思いつついくつか替えたりしてきましたが、それでもどうも・・・。
イラストなんてなくていいから、もっとずっとシンプルなのないもんかなぁ、といつも眺めています。

引越ししたい・・・と思っている今日この頃です。



ところで、こちらからのラブコールに快くご承諾をいただいたのですが、anneさんの「ギャラクシィ日記」というブログをリンクに加えさせていただきました。
本、石けん、環境、手づくりなど内容色々、ひとつの事に対してそれぞれ考察などあり、いつもいつも、楽しく感心して読ませていただいていました。特にEMに関しては目からウロコで、こちらをきっかけにEMラバーになりそうな私です(笑)。

anneさん、本当にありがとうございます。

| | コメント (2)

ピチクリ

Ribbon何かを作ろうと思った時に実感するのですが、子供の頃よりもかなり創造力が衰えてきています。


物を創るということに臆しているというのか、下手なものはあまり人には見せたくないという邪心(?)があるためか、昔のように思ったままの「創作ができない」「絵が描けない」ということになっている気がします。

上達があるからこそ、創作は楽しく、失敗があるから次にそれが生きる。
と、頭では思っていても、自分に対してはなかなか・・・。

Neripro そんな大人になってから、はんこ彫りは自分の作業の上達を順を追って見ることが出来る、とても楽しい創作のひとつでした。

師匠が良いことも続く要因でしょうか(笑)
各地で人気者なのもうなずけます。

1年続きましたが全然飽きず、どんどん楽しくなってきつつあります。
昨年4月からずっと通い親しんだ中崎町ピチクリは今月で最後ですが、来月から堀江のアトリエに教室を移します。

集まる人たちの面白いこともあり、まだまだ楽しい楽しいばっかりで続けることができそうです。

| | コメント (11)

ぺろりん隊

Tongues

いつも会いに行っている野良猫に、すっかり顔を覚えてもらいました。
私も尻尾の形とか、ちょっと違う顔とかで、兄弟(姉妹?)の見分けが付くようになってきました。だというのに、未だ触れず・・・。
きっと、野良猫とは、ずーっとずーっと距離をおいたお付き合いを続けていくのです。

ただ、私が食べるものを持っていかなくなったら、この関係が終わりになることは目に見えています。なんとも薄いお付き合い。寂しいものです。

生まれついての野良猫なので、人間にはかなり警戒心を持っているよう。
連れて帰ろうと思ったら、大きな網でも持って捕獲しないと無理そうです。


人間に飼われるのが幸せなのか、一生野良猫で生きていくのが幸せなのか・・・多分、猫自身がそんなことを考えることはないのでしょうね。

| | コメント (0)

夕陽リターンズ

Higosun

先日までの暖かさが嘘のように、今日は冷え込みました。
大阪市内は積もるまではいかないものの、雪が吹雪いていて、社内から外を見ているだけでも寒い気分でした。

夕方は西の方から晴れてきて、夕陽が眩しいほどに輝いていました。
場所は前回と同じ地点です。カメラは今回はコンパクトデジカメ。とりあえずオートで撮ったら、陽の光が明るすぎ、こんな感じでした。肝心の実態が見えていません(笑)。

また、次回に期待・・・ですかね?

Avanza13 Hilton

アバンザ再び。夕陽でオレンジに染まっています。
北のヒルトン側は、変な色の雲が重くのしかかっていました。

また暫らくの間寒い日が続くようです。
風邪などひかないように、皆様お身体お大事に・・・。

| | コメント (0)

駅と電車と

Tabacco

先週末は、電車に乗って広島の福山市という所まで行ってきました。
初めて行く場所というのは、何もかも面白いことだらけです。

Umeda Yodogawa

家から出発をはしょってしまいましたが・・・新大阪へ大阪駅を出発。
前方に大きく見えるのは、ヨドバシカメラ。
新大阪へは淀川を越えて行きます。

Nozomi

新大阪から、行きはのぞみで・・・

Fukuen

目的地まではこんな電車に乗って行きました。府中と書いてありますが、もちろん競馬場近くには行きません(笑)。

Platform Railway_1

着いた所は、とても懐かしさの漂う、田舎の駅でした。

Signal

さて、帰りは同じ電車に乗って福山駅へ。
2番線に電車が入っているため、1番線に来る電車が信号待ちしています。

Hikari

そして、帰りはひかりに乗って、一路大阪へ。
レイルスターというのは、普通よりもちょっと車両数が少ないとか聞きましたが・・・?

Lasttrain

当日最後に乗った、家へ向かう電車、もうすぐ家でゆっくりできると思うとホッとします。

普段から、家と仕事場くらいしか往復しない毎日。
たまの遠出で、天気のいい休日に、電車に乗って知らない場所を見るのもとても楽しいものでした。

さて、今度いつになるかわからないけど、次はどこへ行けるのかな・・・。

| | コメント (0)

グルーミング

Namename 猫が顔を洗うと雨、とか言いますが、晴れてても雨が降っても猫は毛繕いをしています。
日向ぼっこをすると、ビタミンDが出来て、それを舐め取ってカルシウム生成をしているとかいないとか。ホントかな?

昨日から夕陽リベンジを考えていましたが、朝の天気予報で「今日は下り坂でーす」と言うので、あっさり大きいカメラは持って出るのは諦めました。

週末は広島へ行く予定です。
そこでやっぱり、お天気が気になるところ。
それと、久々に乗る新幹線は少し楽しみです。





出掛けると言えば・・・今年はなんとなく実家に帰れそうな雰囲気です。
ただ、旦那にお猫さまたちを任せておくというのが心配。
帰宅したら家中猫の糞だらけになってるんじゃないだろうか(汗・・)とか思ったり。
さすがに、大猫2匹抱えて東京に帰る勇気もありませんけどね。。。

| | コメント (0)

明日に期待

Sunset

昨日、3月7日の夕陽は綺麗でした。
あまりに見事で、携帯のカメラで写そうとすると、メモリがいっぱいで何かを消去しないとダメ、と写させてもらえませんでした。
残念だったけれども、また明日があるさ~、と今日はカメラを持って仕事へ行きました。

で、その結果がコレ・・・。
ど真ん中に見えるのが太陽です。昨日よりも曇っていたせいで、霞んでいます。
悔しいので明日もカメラ持ってきます(涙)

Avanza

夕方6時頃の大好きアバンザです。ここ好きな人多いでしょう?

6時というのにこの明るさ。
大分春めいてきて、日も長くなりました。嬉しいようなそうでないような・・・。

| | コメント (2)

ワゴンセール

最近時々利用していた洋服屋で、GIORDANO(ジョルダーノ)というブランドがあります。
仕事の帰り道にショップができて初めて知ったのですが、アジア最大(ほぼ)の香港のアパレルメーカーで、ユニクロが初期にその販売スタイルを手本にしたとか。
日本国内の店舗は関西のみで、結構な数があるようです。
香港の街を歩くとイヤというほど目にするそうで、既に興味なくとも知っている方は多いのでしょうね。

商品は同じデザインで色と柄を変えて数多く揃え、価格は安い、「ユニクロっぽい店だなあ」と思っていましたが、実はユニクロが“ジョルダーノっぽい店”だったとは・・・。
ユニクロと比較して、良いなと思う点は、ニットやカットソーの袖丈が長いこと。
日本人の手脚は昔と比べて長くなってきていると言うのに、どうして未だあんなに中途半端な袖丈なのでしょう(全年齢を対象にしているから?)。どうせならいっそ七分丈にしちゃって!と思うほどです。

ところで、このジョルダーノにはジーンズラインもありました。
この、今サイトに出ている商品が全てとは思いませんが(汗)、どうにも普通の服以上に人を選ぶというのか、コメントのし辛いデザインジーンズがズラリ。
ユニクロのジーンズは色落ちがダメダメ、おうちウェアだな。と言っていましたが、まだUの方が普通にバリエーションのある着方が出来るので、マシかな・・・と。
(あくまでも私的な感想ですので、あしからず・・・)


最近は安い服でもいいものが増えてきましたね。
ワゴンの下のほうに意外な掘り出し物が隠れていたり、そんなのを見つけておトク自慢をするのも、主婦の楽しみの一つです(笑)。

なんか良いものないかな~、と、日々ワゴンチェックは欠かせませんよね?!

Flog
カットソーについているかえるは気に入ってるポイント。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

Winner?

Unplaza

米時間3月5日夕方5時より、第78回アカデミー賞授賞式が行われます。

昨年秋、アメリカ、カナダで公開された“capote”も、主演男優賞、作品賞など数部門でノミネートされていて、現在は非常に注目の高い作品なのではないでしょうか。

日本公開は秋頃?と聞いていますが、現地でも「若い観客が少なかった・・」と言われていたこの作品、オスカーを取る事によって、少しでも観やすい環境(場所や公開期間などなど)で観ることができるようになれば、とても嬉しいことだと思っています。

毎年授賞式が終わって、ニュースなどで取り上げられるようになってから、「ふ~ん」くらいにしか興味のなかったオスカー。
今年は1作品のみで、とても楽しみな式典となりました。


ところで、今回のオスカーのポスターは、歴代のそれと比べてもとても素敵です。
今までのって、USJ内とかに貼ってありそうな勢いがあるのですが、今回のはポスターの説明にもあるとおり、「エレガント」です(ややアメリカ風味ですけどね)。



第78回アカデミー賞公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »