« トルーマン・カポーティ | トップページ | ど~でもいいですよ♪ »

ヘキサゴン

大阪に来て、ほとんど雪を見ることがなくなりました。東京でも大雪が降るということはまずないのですが、子供の頃は、毎年雪だるまを作れるくらいには降ってたような気がします。
時たま、手袋についた雪を見て、本当に雪印のマークと同じ形をしているんだなぁ、とちょっと感動した覚えがあるのですが、結晶はとても小さく、じっと見ていると溶けてしまうので、実際にはなんとなくな形しか見ることができませんでした。

そんな雪の結晶の写真を集めた本があります。“SNOW CRYSTALS”という、まんまなタイトルの本ですが、2000以上もの形の違う結晶の写真がびっしりと掲載されています。

Snow Crystals (Dover Photography Collections) Snow Crystals (Dover Photography Collections)

著者:W. A. Bentley
販売元:Dover Pubns
Amazon.co.jpで詳細を確認する

こんなにも形の違うものがあることにも、もちろん驚きなのですが、見ていると、何故か全てが六角形なことに気が付きました。形に違いはあれども、不思議には思いませんか?
サラッと説明したサイトがありましたが、化学的な考えが出来ないので、私にはやや難解です(-εˇ-;)

この本の写真はかなり古いもののようなので、正直なところ、鮮明さには欠けますが、こちらのサイトの写真はとても綺麗なのでお薦めです。(六角形以外の結晶もあるんです)

Snow Crystals.com

花の形しかり、動物の模様しかり、作意なくできた美しいものには、ただただ感動です。

|

« トルーマン・カポーティ | トップページ | ど~でもいいですよ♪ »

本・文化」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6972/93371

この記事へのトラックバック一覧です: ヘキサゴン:

« トルーマン・カポーティ | トップページ | ど~でもいいですよ♪ »