トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

化粧品の香り

女性と化粧品の話をすると、選ぶ基準に、無香料ということに重点を置いている人が多いことに気が付きます。
大手外資系の、低刺激っぽく売る化粧品メーカーの人気が上がってきた頃からなのか、天然・無添加&“風”コスメが数多く出るようになってきた頃からなのか、「香料=刺激物」というイメージを持つ人が増えたようです。
けれども、無香料だからって、本当に肌に優しい化粧品なのかな?とは思いませんか?

現在、化粧品の全成分表示が義務付けられているため、「医薬部外品」とうたっているものを除いて、その化粧品に何が入っているのか知ることができます。実際、そっち方面の知識がないと、それを見て、だからどうだとも言えないのですが、商品を選ぶ目安にすることはできます。
そんな、数々の成分が見えているというのに、未だ悪役の代表にされてしまう香料・・・。

私はできれば、香りのあるものを使いたいと思っています。以前は石けんは無香料派でしたが、今ではあえて香りのあるものばかり選んでいます。だって、石けんにしろ、ボディオイルやクリームにしろ、香るもののほうが楽しいではないですか(ソーパーの皆さん、同意ですよね??笑)。

ところで、今年も残すところあと1日となりましたが、この年末年始のお休みに、石けんをひとつ仕込みたい気分になっています。昨年仔猫が家に来てから、危ないので製作はお休みしていましたが、日に日に酸化していくであろうアルガンオイルを毎日目にして、「これは石けんにするしかないな」(←確信犯)と・・・。
しかし、、、ココナツ、パーム、パームカーネルと、全てがガチガチで、さて、この山を乗り越えられるものだろうかと、我ながら心配です。

Weleda
でもねでもね、香りの「質」にはものすご~~くこだわってるんですよ。。。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

衝動買いアレコレ

Stinky
誰にでも、必要もないのに欲しくなってしまうものってあるんではないでしょうか。
女性なら、最たるものが化粧品かも。季節ごとの新色や、新しいファンデーション・・・私も特にマスカラには、今までどれだけ使ったのか、怖ろしくて考えたくもないほどです(笑)

私のついつい手を出してしまうものに、マグカップがあります。上はマイセンから、雑貨店で売っているものまで、特に値段やブランドにこだわりはありません。ほとんど絵柄で選んでいるので、無地のシンプルなものは皆無です。
先日、普段使いでないものを食器棚から出してみたら、30くらいあって、自分でもちょっと驚いたほどです。
で、それらをどうしているのかと言ったら・・・・・ただ眺めているだけなのです(笑)
時々、位置を変えたりはしています。ひどいのは未だ箱の中にしまっていて、出して、見て、しまい。を何年も繰り返しているのもあるくらいで。。。
何年か前までは、家人に「あるから買わんでええやん」と言われていましたが、最近は諦めたのか、イベントや買い物などに行って、私がマグを見ていても何も言わなくなりました。
これで安心して(?)増やせるというもんです。。。

形で選ぶのなら、断然、フィンランドのブランド、アラビアの“TEEMA”が気に入っています。ほどよく大きな持ち手に、全体的に変な出っ張りなどがなく、使いやすく洗いやすい。厚みはあまりないけれど、とても丈夫なので普段使いにも最適です。是非、百貨店などの食器売り場に行ったら手にしてみてください。

で、私の本当の普段使いのマグはというと・・・ドーチカでもらったもの、ネスカフェについてたもの、300円ショップで買ったの・・・と、層々たるラインナップ。集めているマグは、完全に持ち腐れています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うちのねこ

そろそろ花粉症の声を聞く頃ですね。というわけで、テンプレートも花粉症に変えてみました(笑)

Canon

知人たちにはしゃべりまくっていますが、うちの猫、黒いのと白いのがいます。
現在、黒いの約7歳半6.5㌔超え、白いの約1歳半5㌔超えです。小さくて可愛らしい猫ちゃんとはほど遠いですね・・・。

Yinyan_1
↑擬似 太極図
Kitty_1

もともとうちには、黒い猫がいたので、希望としては、尻尾が長くて青い目の白猫が欲しかったのです。しかし、偶然出会ったのが尾の短い、黄色い目の仔猫。けれど、私の二つの理想が負けるほど、性格の良い子です。
次に飼うなら、グレー(ブルー)かな~~?とか冗談で言ったりしてますが、実際は2匹で手一杯です。多頭飼いしている人たちの、愛情深さとマメさに感心するばかりです。

長生きしてね。と、しょっちゅう話しかけています(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書店の楽しみ

Snow

雪が降る降るとは前から言われていましたが、今日、ついに積もるほどの雪を見ることができました。とは言っても、踏んだら地面が見えてしまうくらい、ちょっと。でも、木に積もっていたりするのはとても綺麗に見えます。

今日は久々に小さな書店に行ってきました。職場の近くの柳々堂というところで、私の興味外の本ばかり扱っているのですが、それ以外でも少し珍しめな品揃えをしているので、たまにのぞきに行っています。お客さんは建築関係の人が多いようで、よくお客さん同士や書店の方とそれ系の話をしているのを耳にします。まったくもって、ちんぷんかんぷんなんですけれど・・・。
一見、昔からの小さな書店で、実は店内には専門書がぎっしり。お客さんも、選んで来てくれる様な人ばかりで、店主は本当に幸せな仕事をしているなぁ、と思わずにはいられません。

Kyoto_1 本日は、「京都読書空間」と、以前『迷宮の写真ライフ』というブログで、「岩合光昭さんの猫カレンダーがついている」と読んで気になっていた「アサヒカメラ」1月号を購入。
京都読書空間は、京都のブックカフェや書店、図書館を紹介している本です。外見はとても古っぽくてルックスが良いですが、中身は今風なヴィジュアル本です。京都が好きで、本に埋もれたい!という方にお薦めの1冊です。
「アサヒカメラ」は初めて買いましたが、記事がいっぱいで通勤には最適な雑誌かと思います。ただ・・・重量がねぇ、通勤向きではないですね(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公園の猫その後

今日も寒い中、カメラを抱えて猫のいる公園へ行ってきました。
相変わらず、野良とは思えないほどぴかぴかの毛並みのお母さんです。
Mama
ほんの10日ほど前までは、10m以上離れていても、立ち上がったり動いたりするとダッシュで逃げていた子供たちも、私が動かなければ2~3mくらいの距離まで近づいてくれるようになってきました。
Black4 Chibi
これからの寒い時期に、親離れをしなければならない仔猫たち。
人間に飼われる事が猫の幸せとは思わないけれども、どこか暖かい場所で、おびえることもなく、ぬくぬくと暮らして欲しいものです。

Three
Pigeon
いっちょまえに鳩狙ってます。この後走り出しましたが、当然、失敗です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おしゃれがしたい!

ここ数日、大阪もおそろしく寒いです。もう東京へなんて帰れません。
今日は結局、ベランダにしか出ずに、ずっと家で過ごしました。運動不足に加速がかかりそうな季節です。

防寒のためか、よく犬に服を着せて散歩をしている人を見かけます。チワワみたいな暑い国の犬とか、パグやブルなんかの短毛の犬も外出時は着込んだ方がいいとか、聞いたことがあります。(ホントかな?)

デイリーポータルZが好きでよく見ているのですが、バックナンバーを見ていたら、犬に服を手作りしている記事がありました。防寒とはまったく関係のない衣装を作ってもらっていて、まあ、犬は全然嬉しくもないだろうなとはっきりわかります(笑)。
特に動物に服を着せたいという趣味もないのですが、たまにペットに変な格好をさせているのをネットや雑誌で見かけると、「う、羨ましい・・・」と思うことがあります。

うーん、しかし、しかし、市販の犬用の服って、人間並みにいいお値段しますね。クローゼットまで売ってたりするし、それを買っちゃうのもやっぱり親ばかってことなんでしょうか。

Cooldown
こんな姿もまた来年・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Wildness

Right_1 

「ネコは、社会的に生きる動物ではない。・・・・・ネコの性格には子どもっぽさはまったくない。ネコは人をたよりにしない野生の小さなヒョウであり、またそうありつづける。」

コンラート・ローレンツの名著、「人イヌにあう」には、そんな一文があります。
少なくとも、我が家の猫たちは違うように見えます。それとも、本当は秘めたる野生を持っているのか・・・。
いつまでも可愛いネコちゃんでいてくれることを、飼い主は強く希望しております(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

炬燵

Zzz

こたつが大好きですが、親の田舎にあるこたつは嫌いでした。
今は新しいものに変わっていますが、以前は昔からの掘り炬燵で、真ん中にはお風呂を焚いた後の薪を入れていました。

もぐって寝るなんてことはもっての他、中に熱い炭が入っているので、足を伸ばしてくつろぐことも許されません。きちんと正座をするか、あぐらをかくか。どっちにしろ足がしびれてくるのは時間の問題です。
おまけに炭を足したすぐ後は、暑くて入っていられたものではありません。
今考えてみると、電気代がかからないのは大きな魅力かな?とも思えますが・・・。

何が言いたいのかというと(笑)、こたつに猫は、まったく冬らしい光景だなぁと、毎日家で実感しているだけのことなのですが。

| | トラックバック (0)

百万遍 知恩寺の手作り市

昨日12月15日、京都知恩寺の手作り市に行って来ました。
最近では観光バスのコースにまでなっていたりの、有名な催しだそうです(毎月15日開催)。
Entrance_1
昨日は、寒いながらも快晴ということもあってか、敷地内はセール会場のような賑わいで、なかなか身動きが取れないほどでした。
毎月、かなりの応募があるらしく、今回もなんと、350組が抽選からもれていたそうです。ブースも決まっていないので、今回も朝の寒い中、皆さん場所取りに頑張ったようです。
こんなところにも店があった!なんて、宝探しのような感覚で、長い時間を掛けないと見切れません(笑)
出店者は、本当に趣味で手作りをしている人や、作家として既に有名な方などもいたり、お話を聞いているだけでも、本当にとても楽しい時間が過ごせました。

Otafuku_3
大人気の「御多福珈琲」。朝から終了間近まで、ずっと長蛇の列で、とても忙しそうでした。ちょっと列がなくなった隙にいただきましたが、淹れたての熱々のコーヒー、とても暖まりました。

Inn_6
お名前印、その場で彫ります・・・とか。

Bear_1 Soaps_1 

今回、新しいデジカメ(一眼)を持って、喜んで出掛けていったのですが、一番撮りたい気分だった時に動かなくなってしまい、ガッカリでした(T_T)
原因は冷えすぎて、入れていった電池(アルカリ)が使えなくなってしまったためで、ずっとカイロで温めていましたが、持って行ったレンズも画角が狭く、撮りたいものが大きくしか写らず、やっぱり広角が欲しいなぁ・・・・思っていたのが、正直なカメラの感想です。

途中まで同行いただきました、Yさん、ありがとうございました。また行きましょうね!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ど~でもいいですよ♪

だいたひかる調で、、、たまには趣味の絡まない話題をひとつ。

本日、近所のスーパーの福引をしてきました。
毎年抽選をしている時間には帰ることができないので、ずっと見送ってきたのですが、今日は用事があって早く帰ったため、初めてガラガラすることができました。
普段から、じゃんけんでもなかなか勝てず、ビンゴでもとことん揃わない運の悪さなので、スーパーで偶然居合わせた娘と、「いいとこ、お米(コシヒカリ5キロ)でも当たると嬉しいかなぁ」などと言っていたら、なんと!ラス1の1等賞が当たったんです!
現金1万円、家族で分けてあっという間に終了でしたが・・・。

しかし、残り少ない今年の運は、近場の福引で終わったようです。

まだ宝くじ残ってたのになぁ(涙)

1stprize

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘキサゴン

大阪に来て、ほとんど雪を見ることがなくなりました。東京でも大雪が降るということはまずないのですが、子供の頃は、毎年雪だるまを作れるくらいには降ってたような気がします。
時たま、手袋についた雪を見て、本当に雪印のマークと同じ形をしているんだなぁ、とちょっと感動した覚えがあるのですが、結晶はとても小さく、じっと見ていると溶けてしまうので、実際にはなんとなくな形しか見ることができませんでした。

そんな雪の結晶の写真を集めた本があります。“SNOW CRYSTALS”という、まんまなタイトルの本ですが、2000以上もの形の違う結晶の写真がびっしりと掲載されています。

Snow Crystals (Dover Photography Collections) Snow Crystals (Dover Photography Collections)

著者:W. A. Bentley
販売元:Dover Pubns
Amazon.co.jpで詳細を確認する

こんなにも形の違うものがあることにも、もちろん驚きなのですが、見ていると、何故か全てが六角形なことに気が付きました。形に違いはあれども、不思議には思いませんか?
サラッと説明したサイトがありましたが、化学的な考えが出来ないので、私にはやや難解です(-εˇ-;)

この本の写真はかなり古いもののようなので、正直なところ、鮮明さには欠けますが、こちらのサイトの写真はとても綺麗なのでお薦めです。(六角形以外の結晶もあるんです)

Snow Crystals.com

花の形しかり、動物の模様しかり、作意なくできた美しいものには、ただただ感動です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トルーマン・カポーティ

冷血今秋、発表40周年ということで、トルーマン・カポーティの「冷血」が新訳で出版されました。個人的には以前のガチガチの訳のほうが好みなのですが、今度のは非常に読みやすい文章で、新たに読む人にはこちらの方が良いのでは・・と思います。

なんとアメリカ、カナダでは“capote”という映画が9月から上映されているようですが、日本公開があるのかどうか、現在のところ不明です(私が知らないだけなのかもしれませんが)。

この映画は、Tの「冷血」を出版までに至る、約6年間を追ったストーリーになっているようです。トレイラーを見た限りでは、主役(制作・総指揮)のフィリップ・シーモア・ホフマン、良いです(笑)。やや、声のキンキン具合が足りなっぽい気がしますが、めちゃめちゃオカマくさい演技で、よし、もっとやれ!と応援したくなる感じ(?)です。そりゃー、都会から来たチビでキンキン声のオカマなんて、ド田舎ではさぞかし目立ったろうなぁ、と思うことしかりです。因みに、キャストの中の役名には、リチャード・アヴェドンなんて名前もあったりもします。

日本公開なくてもDVDくらいは出て欲しいなぁ。もちろん、訳つきの(笑)。

作家、脚本家として名を馳せたTですが、「名探偵登場」という映画にも出演していて、ほぼ主役といっていいくらいの存在感です。当時酷評されたというシロモノですが、共演者に、ピーター・セラーズ、ピーター・フォーク、マギー・スミス、アレック・ギネスなんて有名どころも沢山。探偵物のパロディなので、この手の映画の好きな人には楽しめるんではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カメラホリック

Lx_1カメラが好きです!

写真を撮ることよりも、カメラが好きなのかな?と思うこともありますが・・・。

ファインダーをのぞく期待、フィルムを巻き上げる重さ、シャッターを切る心地よさ、ボケ具合の想像。。。。もちろん、写真が出来上がるのが一番の楽しみですが、写すまでのこういった一連の作業が同じくらい楽しかったりします。

ガッカリ・ギョッとする写真を山ほど撮ってきましたが、年々「ま、いいかな?」と思えるものも増えてきました。フィルムは断然、リバーサル。スクリーンに映すと、どうして自分の写真でも素晴らしく見えてしまうのか、、、、その記憶を他人に見てもらいたいほどです。

デジタル全盛の昨今ですが、やっぱり銀塩はやめられません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フレンチツイスト

Comb_1

髪をまとめる方法を知ってから、髪を切りたくなくなりました。ヘアアクセサリーのブランドで、特に気に入っているのが、コレット・マルーフ。普段使いのものから、これはちょっと仕事には・・・というものまで、可愛いものが沢山あります。

日常、あまりアクセサリーをつけることがないのですが、「これはもう出会えないかも。。」と思う髪留めを見ると、ついつい手を出してしまいます。

アンティークのべっ甲のかんざしを探しているのですが、状態の良いのはやっぱり、かなりなお値段。もし買ったとしても、もったいなくてしまいっぱなしになってしまうかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒空のネコババア

職場の近くの公園に、猫の親子が住みついています。

小さな黒いお母さんに、なんと、黒い仔猫ばっかり4匹も。野良猫らしく、仔猫たちは、ちっとも近くに寄ってきませんが、姿を見るのが楽しくて、ちょくちょく公園までオヤツを持って足を運んでしまいます。Family

私以外には、公園の横の会社の窓からエサを投げる人や、なんと、家からうなぎやサンマの一夜干しなんかを持参するツワモノまで現れるほどです。本日も昼休みに寒い中会いに行って来ましたが、日中とはいえ、とにかく寒い!雑誌を持っていたけれど、読む気にならないほどでした。そこまでして、ただの猫を見に行く私って・・・・・。

今はみんなお母さんについているからいいとして、この先ひとり立ちするようになったら、この子達はどうなってしまうんでしょう。拾われるのかどうなのかわからない都会の野良猫に、こんなに無責任にエサやったりして良いのかなー?と、今日も寒空の下で、猫を甘やかしてしまうのでした。

Gohan_2 

こんなのも来ます。飼い猫かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年カレンダー

3日坊主にならないように、やや躍起になって書き込みしている感ありです(笑)

本日、アマゾンに注文していたカレンダーが届きました。毎年欠かさず買っているものなので、これが手元にないと年末が不安になります。ウィリアム・ウェグマンの、“Puppies”と、“Man's Best Friend”の2点。

以前はかなり苦労して、洋書店やインポートもののカレンダーを扱っている店舗を探しまわりましたが、今はアマゾンで何の苦労もなく手に入るようになりました。しかも、価格も安い(!)

最近は、雑誌の付録についているカレンダーもそこそこ可愛く、ダイソーで買える100円のものもとても使い易く、あえて、これがなくてもねー、と思うこともたまにありますが、やっぱり、好きなものが家にあるというのは、嬉しいことなのです。

William Wegman Puppies 2006 calendar (WALL CALENDAR)Book William Wegman Puppies 2006 calendar (WALL CALENDAR)

著者:William Wegman
販売元:Harry N Abrams (Cal)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Man's Best Friend 2006 Calendar (WALL CALENDAR)Book Man's Best Friend 2006 Calendar (WALL CALENDAR)

著者:William Wegman
販売元:Harry N Abrams (Cal)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナベツマ

Nabefr_1

“Nabe Quest 鍋探求”

サブタイトルに、「不適な奥さまナベツマの冒険と探求の日々」とある、鍋にはまってしまった、奥さまのコレクション本です。

おそらく、ナベに興味のない人には、全然心惹かれない類のものかと思われますが。

かく言う私も、10年程前からナベにはまり、現在でも関心は薄れていません。

ただ、この奥さまと違うところは、質実剛健と言うか、磨き甲斐のあるフィスラーやビタクラフトなどの、ステンレスものを愛用しているところ。

この方の一番はまっている、ル・クルーゼは、私も何年も躊躇しているのですが、一番ネックになっているのがその重さ。シラルガンとダッチオーブンの中間くらいの重量と言っていいほどで、私が一番欲しい4㍑鍋だったら、ポトフなんて、作った日にゃー、「ヨイショッ」の掛け声なしには作業は出来ないことでしょう・・・。

そんな高い鍋で何作るの?と、よく聞かれることがあります。いや、ごくごく普通の料理です。と言うか、料理が好きでないから、鍋で士気を上げているような気がします(私は)。

良い道具は、見ているだけで気持ちが良いものです。最近のヒットは、ご飯鍋の「かまどさん」。火加減いらずで、かな~り美味しいご飯が炊けます。もちろん、炊き込みご飯では、美味しいおこげも。。

Dansk

この冊子内に、私も以前手を出した、ダンスクのビンテージもありました。

ビンテージって、エナメルなんですよねぇ・・・。でも、復刻のホーローよりも繊細なラインで、ルックスで選ぶなら断然こっち。

ちなみに私は、ビンテージのダンスクは扱いに気を使うため、手放しちゃいました。エナメルって、欠けやすくって、神経質になりすぎて、結局しまいっぱなしで使わなくなっちゃったので・・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

最新の作りモノ

来年は戌年ということで、犬のはんこを作りました。
石の名前は忘れましたが・・・サイズは3㌢×3㌢の多きめなヤツ。

Stone

犬を題材にするというのも、案外難しいもんで(笑)
考えた末、大好きなニッパー君で作成しました。
かんでいるのは「犬」ってだけで。

Nipper

はんこ作ったはいいけど、年賀ハガキまだ買ってないや・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最新のお買い物

4年目にしてやっとデジカメを新調しました。

小さくて、ポケットに入るくらいの物を選ぶつもりが

選びに選んだ末、結局前に持っていたのよりも一回り大きなモノを購入( -_-)フッ

久々に買うつもりで見に行くと、最近のものの値段の安さに驚き!

更に、起動も速いし、記録も速いし削除も速い。

思った以上にコンパクトが安く済んでしまったので、今度は真剣に

一眼を考えています。

・・・なら、最初からコンパクトやめて一眼にしろよ。って感じですが。

Moodgy_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年1月 »